ぶちうま!やまぐち.net トップページへ
「知る」カテゴリ
「地産・地消」って?「まるごと」って?
やまぐちの農・水・畜産物
やまぐちの加工品
県産のおみやげ情報etc!
広報誌
地産・地消応援団
地産・地消News!
「味わう」カテゴリ
販売協力店
販売協力専門店
やまぐち木の店
やまぐち食彩店
県外・やまぐちの味
やまぐちブランド取扱店
お料理レシピ
「味わう」カテゴリ
やまぐち木の店
「楽しむ」カテゴリ
キャラクターと遊ぼう!
「サイト情報」カテゴリ
地域別情報一覧
リンク
サイトマップ
お問い合せ
HOME
山口県食品産業協議会
地産・地消は地元を愛する心が育てます。ぶちうま!やまぐちの農水産物

HOMEやまぐちの農・水・畜産物>2月の旬「マグロ」

やまぐちの農・水・畜産物
農産物 水産物 畜産物 産地からの声
2月
鮪
 マグロは「マグロ類」の総称ですが、その中でも「クロマグロ」はマグロの王様で「本マグロ」とも呼び、刺身や寿司ネタとして好まれています。縄文時代の貝塚からもマグロの骨が発見されるなど、日本では古くから好んで食べられていました。
 山口県では萩市見島沖で曳き縄釣漁業、一本釣漁業などで漁獲されます。大型のクロマグロは築地市場に搬送されますが、ヨコワ(クロマグロの若魚)は萩市場などに水揚げされ、県内のスーパー等でも販売されています。
【日本のマグロの漁獲量】
 日本は太平洋、インド洋などでマグロ類を漁獲しており、マグロ類全体の漁獲量は22万5千トン('05年)で世界一です。輸入の30万5千トン('05年)を合わせると、53万トンとなり、世界の漁獲量の約4分の1を日本が消費しています。
【生マグロと冷凍マグロ】
 刺身用のマグロは、生マグロと冷凍マグロに大別され流通しています。
《生マグロ》漁獲後、一度も冷凍していないマグロです。長期間保存ができないため価格も高めです。
《冷凍マグロ》漁獲後、急速冷凍されたマグロです。長期間の保存と計画的な供給が可能なため比較的安い価格で販売されています。
【泳がないと窒息する】
 マグロは世界中の海を高速で回遊するため、多くの酸素を必要とします。このため、常に口を開けて新鮮な海水をエラに通すことで呼吸しています。泳ぐのを止めると窒息してしまうため、死ぬときまで一度も止まることなく泳ぎ続けます。
 マグロの体は泳ぐのに適した流線型をしており、通常は時速30〜60kmくらいで泳ぎますが、最高では時速約160kmで泳ぐとの報告もあり、海の最速の魚といえます。
【マグロを選ぶポイント】
 店頭で販売されているマグロは主に刺身、又は“さく”の状態で売られていることが多いです。身が鮮やかでツヤがあるもの、解凍マグロはドリップが少ないものが良いです。
【マグロの料理法】
 山口県産の新鮮なヨコワは刺身が一番です。“あら”も煮付けると美味しいです。

【栄養成分】
(「科学技術庁資源調査会編 五訂 日本食品標準成分表」より「まぐろ・くろ・赤身−生(切り身)」100g量当たり)
エネルギー
タンパク質
脂質
炭水
化物
ナトリウム
カルシウム
カリウム
リン
125
26.4
1.4
0.1
49
5
1.1
380
270
kcal
mg
mg
mg
mg
mg
ビタミンA
(カロチン)
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
食物
繊維
コレステロール
83
0.1
0.05
2
5
0.8
0
50
μg
mg
mg
mg
μg
mg
mg

今月の旬!は

山口あぶトマトたまねぎ西京はも周防瀬戸のタコです。


水産物の旬カレンダー
やまぐちの甘だい
マグロ

シロウオ

メバル
マダイ
アオリイカ
アカエビ

瀬つきあじ
アユ

西京はも
周防瀬戸のタコ
ウニ
ケンサキイカ
サザエ
ウルメイワシ
サワラ
サバ
タチウオ
アンコウ
ヒラメ