ホーム > キャラクター > 農産物
農産物

 個性的な魅力をもったかわいいキャラクター達に、みなさんもお店などで出会ったことがあるはず。このページでは彼らの新たな一面が発見できるかも?

いちごちゃん
分類 イチゴ
生息地 下関地域、山口・防府地域、岩国地域
生態 小さなからだの中には、想像できないほどビタミンCがいっぱいつまっている。甘みとみずみずしさ、かわいらしいフォルムで、小さな子供から大人まで、幅広い層から慕われるみんなのアイドル。冬から春の間がもっとも忙しい。そばかすがちょっと気になるお年頃らしい。

かっこ
分類 加工食品
生息地 山口県全域
生態 普段は山口県の形に似たフォルムなのだが、からだの中には県内で作られる農産物のDNAが組み込まれているため、時にはお菓子、時には麺類などなど、いろいろな形に変身できるかっこ。おみやげ品店や農産加工品を扱う場所でよく見かけられる。

きゃべつん
分類 キャベツ
生息地 山口・防府地域、下関地域、宇部・小野田地域
生態 厚い葉っぱの中から生まれてきたきゃべつんは、ビタミンCとビタミンUをたくさん持っているので、お肌を気にする女性たちにかなり人気。また、しゃきしゃきとした歯ごたえと、なんにでも合わせられる性格の良さがウリ。ノーテンキな面もあり、あまり悩みがないらしい。

きゃろりん
分類 にんじん
生息地 山口県内
生態 カロテンを含んだきゃろりんのカラダは鮮やかなオレンジ色で、根菜類の中では珍しい緑黄色野菜に属す。きゃろりんもぽてたん同様、いろんな料理に登場する庶民は野菜。バターや油といっしょに調理されるのが特に好き。

きゅーりん
分類 キュウリ
生息地 宇部・小野田地域、下関地域、萩地域、山口・防府地域
生態 すっきりとしたスタイルといい、味といい、最大の魅力はさわやかさ。その上歯ざわりもよく、食欲を増進させてくれるので、サラダの中で常に存在している訳である。カロチンやビタミンCも秘めている。ちまたでは、やけどやあせもにもよいとされている。

くりまろくん
分類 栗
生息地 岩国地域、山口・防府地域
生態 ちょっぴり恥ずかしがり屋で、いつもは鋭いトゲを持ったいがの中で暮らすくりまろくん。しかし、果実類で熱量がトップクラスといったエネルギッシュな一面も持ち合わせる。その他にも食物繊維やビタミン、ミネラルなど多様な栄養素を多く含んでいて、栄養バランスは抜群。チャームポイントは麻呂眉。

こまつくん
分類 こまつな
生息地 山口阿武地域
生態 どこかに江戸っ子気質があるはずなのだが、素朴な癒し系なのは、繊維が少なくてやわらかい葉質のためか…。でも、みどりの野菜が不足する冬から春に出没し、栄養豊富で秘めているパワーはかなりのもので、頼りになる一面も。アレルギー体質に悩む人をみつけると、ほっておけない。ほうれんくんとは親戚と思われやすいが、ただのお友達。

すーちゃん
分類 スイカ
生息地 萩地域、長門地域
生態 まるまるとしたからだのとおり太っ腹で、熱帯生まれのせいか陽気な性格らしい。その一方で、かなりの照れ屋さん。だから表面には出さないが、おなかの中じゃ真っ赤っか。また、野菜達の中で一番に名乗りを上げるほど太陽好きなので、冷蔵庫で冷やしすぎると元気がなくなってしまう。

だいこんじぃ
分類 ダイコン
生息地 萩地域、下関地域
生態 みんなの長老的存在。その素朴なからだからじんわりとにじみ出てくる旨みは、魅力のひとつ。「じぃぶり」にさらに磨きをかけるため、冬には、時々寒空に干されて修行をする。じぃの持つジアスターゼは、胃腸の味方。消化を助ける力を秘めている。

たまねぎたくん
分類 タマネギ
生息地 萩地域、山口・防府地域、宇部・小野田地域
生態 ときには甘く、時には辛口の二面性を兼ね備えている。湿気が大嫌いで、風通しのよい日陰が好き。食欲増進、イライラ防止、疲労回復にぴったりのビタミンB1を吸収しやすくしてくれる強い味方。かなり涙もろいらしく、つられて泣かされることもしばしば。

とまたろちゃん
分類 トマト
生息地 萩地域、山口・防府地域、下関地域
生態 太陽の光をいっぱいに浴びてすくすくと育ったおかげで、元気いっぱい。ビタミンやミネラルなどの栄養分もたくさんつまっているので、お疲れの人には強い味方。でも、デリケートな面もあり、やさしくされないとシュンとなってしまう。ほめられるとさらに赤くなってしまう、かも。

なすこさん
分類 ナス
生息地 下関地域、周南地域、宇部・小野田地域
生態 がんの発生を抑えてくれるポリフェノールをいっぱいもっているので、「畑の赤ワイン」という異名を持っている。張りがあって色つやがいいところはとても自慢なのだが、ついつい油を吸収しすぎてしまうことが、なすこさんの近頃の悩みらしい。

なっしぃ
分類 なし
生息地 山口・防府地域、下関地域
生態 独特のシャリシャリとした歯ごたえがウリのなっしぃ。シャリシャリ感はペントザンという成分で、腸を刺激し活発に働くようサポートしてくれる強い味方。しかも成分の約90%の水分、利尿作用のあるカリウムが、風邪による熱やのどの痛みをやわらげてくれる。果物界の癒し系キャラクター。

ねぎのすけ
分類 ネギ
生息地 下関地域、宇部・小野田地域、長門地域
生態 風邪などで弱っている人を見ると、ほっておけない性格。体を温めてくれて、疲れをやさしく回復させてくれる。野菜の中の代表的「癒し系」。甘みを出すために、日々、寒さにあたっている。ちょっと涙もろい。たまねぎたくんとの兄弟説が噂されている。

はくちゃん
分類 ハクサイ
生息地 山口・防府地域、下関地域、宇部・小野田地域
生態 白くてこまやかなちぢれ模様に淡く緑色に色づく、はくちゃん。繊維とビタミンCがたくさんつまったそのからだは、寒い冬に育ったためなのか、何度ベールをはがしてもおいしい魅力が次々と出てくる。和風や中華がとても似合うが、意外と洋風でクリーミーなところも好きらしい。

はなっこりん
分類 はなっこりー
生息地 山口・防府地域、下関地域、宇部・小野田地域
生態 生まれは日本・山口県なのだが、ぶろっこりんと中国野菜・サイシンとのハーフで、ニューフェイス。ぶろっこりんよりもほっそりとしたかわいらしい姿だが、うちに秘めたパワーはぶろっこりん譲り。今後の活躍が期待される。

はるるぼうや
分類 米(晴るる)
生息地 中山間地域を中心とした山口県全域
生態 お父さんはコシヒカリ、お母さんはヤマホウシという由緒正しい血筋(?)の晴るるぼうやは、山口生まれの山口育ち。父の食味と母の美貌(外観品質の良さ)を併せもち、成分はもちろん、おいしさのヒミツ「アミロースとアミロペクチン」をとてもバランスよく含んでいる。

ふらわん
分類 生花
生息地 山口県全域
生態 やわらかな香りとやさしい色合いで、人びとを魅了するふらわんは、癒し系キャラの中でもナンバー1。誰からも愛され、お祝いやお見舞い、そして日常生活と、さまざまな場面でひっぱりだこの人気者。お水が大好き。

ぶろっこりん
分類 ブロッコリー
生息地 山口・防府地域、下関地域、宇部・小野田地域
生態 実はきゃべつんとは親戚。ビタミンCやカロチン、鉄分、さらに食物繊維をたくさん秘め、緑黄色野菜の中ではほうれんくんと肩を並べる。頭にいっぱいつまったつぼみが自慢だが、元気がなくなると黄色くなってしまう。頭の形から、ダンスがうまいと噂されるが、真実は定かではない。

ほうれんくん
分類 ホウレンソウ
生息地 下関地域、岩国地域、宇部・小野田地域
生態 見た目からは信じられないほど、鉄分で身をかためている。おまけにカロチンやビタミン群、さらに食物繊維もたくさん秘めているから、実は緑黄色野菜の中では代表的存在なのである。寝っ転がるより、立っている方が好きらしい。

ぽてたん
分類 じゃがいも
生息地 山口県内
生態 栄養価も高く保存もきき、いろんな料理に登場する国民的にも人気のある野菜。えくぼがチャームポイントだが、調理してもらえるまでの待機(保存)期間があまりにも長いと、食べてもらうのが待ちきれず、えくぼから目を出してしまう。

みかちゃん
分類 かんきつ類
生息地 柳井地域、萩地域
生態 酸味と甘みで一人二役、絶妙なハーモニーを奏でるみかちゃん。しかしその正体はお医者さんらしい。一日に1~2個(温州みかんの場合)食べると、果肉に含まれる色素・βクリプトキサンチンが発ガン抑制を発揮してくれる。また、ビタミンCでお肌もピカピカ、風邪や動脈硬化にもいいらしい。

むぎっち
分類 麦
生息地 山口県内
生態 本名「山口 麦(やまぐち むぎ)」。黄金色の衣と、内に秘めた純白の美肌が自慢。変身が得意で、パン、麺、味噌、醤油、お菓子など、さまざまな形で人々の食生活の中に深く浸透している。趣味は、鍛えることで、最近は「コシ」が強くなってきたと感じているらしい。

めろんっち
分類 メロン
生息地 萩地域
生態 大切に育てられ、きれいなネットはお育ちの良さの象徴。あまり冷蔵庫がお好きでない。冷え性なのか、1~2時間なら我慢できるが、それ以上は耐えられないらしい。いい香りがするだけじゃなく、ペクチンでコレステロールを抑えカリウムで塩分を排出してくれるナイチンゲール的側面がある。

よねちゃん
分類 お米
生息地 山口県内
生態 本名「山口 米(やまぐち よね)」。もちもちつやつやのお肌が自慢。お腹がすいたらすぐに食べられるようにいつもお弁当(米粒)を持ち歩いている。よねちゃんのお弁当は栄養満点で腹持ちがいいらしい。また、いろいろな衣に着替えたり、梅干しやふりかけなどでおしゃれすることもある。

れたすぅ
分類 レタス
生息地 山口・防府地域、下関地域、宇部・小野田地域
生態 ひらひらとしたレースのような見た目と、みずみずしさはかなりの自慢らしい。とまたろちゃんやきゅーりんなどとよく顔をあわせることが多い。サラダの中でも、主役的存在なのだが、意外に油とも仲がよく、さらにスープやみそ汁のお風呂(?)も結構好き。

れんこ
分類 レンコン
生息地 岩国地域、下関地域
生態 主にでんぷんでできているからだの中には、食物繊維や鉄分も秘めているので、悩める女性たちの強い味方。夏には、美しい大輪の華を咲かせるという大仕事もこなす。分身の術が得意で、薄切りにされると手裏剣に早変わり。最近くの一を目指して、れんこんぶりに磨きをかけているらしい。

わさびぃ
分類 わさび
生息地 岩国地域、周南地域、山口・防府地域
生態 いつも眉間にしわをよせ涙ぐむわさびぃ。自分の魅力であるさわやかな香りと辛味がそうさせるらしい。でも本当はきめ細かくすりおろされてこそ、本来の強い辛味を発揮してくれる。その上、その辛味成分には多くの食中毒菌の増殖を抑える働き(抗菌力)や生臭さを分解する力を持つすごいヤツ。