ホーム > 知る > やまぐちの農・水・畜産物 > 美東ごぼう
美東ごぼう

カルスト台地の赤土育ちは、香り上質な絶品ごぼう!

美東ごぼう
 キク科。原産地は不明ですが、日本へは中国から薬草として伝わったとされています。
 海外では日本のように根茎の部分を食べることはほとんどなく、現在でも主に薬として扱われています。

【美東ゴボウの特徴】
 県内の産地の中でも、肉質の柔らかさと風味の良さが全国で高い評価を受けている「美東ゴボウ」。その美味しさの秘密は、美祢市(旧美東町)に広がるカルスト台地です。
 「美東ゴボウ」を育てている“赤土”は、カルスト台地の石灰岩が長い年月の間に溶け出し酸化したもので、炭酸カルシウムを含む強い粘土質の土。このため、ゴボウがじっくりと成長し、きめが細かく柔らかな、香りの良いゴボウができます。
 県内のゴボウは年間を通じて出荷されていますが、美東ゴボウの出荷は10月~12月。旬の時期にぜひ食べてみてくださいね。

【選び方】
真っ直ぐとしていて張りがあり、太さが均一なものを選びましょう。

【保存方法】
 泥のついたものは湿らせた新聞紙でくるんで、冷暗所で保存しましょう。2週間程度日持ちします。
 洗ってあるものはポリ袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存し、なるべく早く使うようにしましょう。

【食べ方】
 花も葉も茎も食べられます。
 おすすめの料理法は、しゃきっとした歯ごたえと甘みがそのまま楽しめるシンプルな塩ゆで。お好みでマヨネーズやドレッシング、酢みそをかけてもおいしく食べられます。また、ベーコンと一緒に油炒めや天ぷらにもぴったりです。