ホーム > 知る > やまぐちの農・水・畜産物 > 白オクラ
白オクラ

オクラ界の色白美人は夏サラダにぴったり!

白オクラ
 山口県のこだわり野菜である白オクラは、普通のオクラよりも緑色が薄く、色が白に近いオクラのことです。一説によると、約50年前に海外から持ち帰られたものと伝えられています。

【食べ方】
 普通のオクラよりも粘りが強いのが特徴で、肥大しても柔らかくアクも少ないことから生食に向いているとされます。また、さっと茹でてあえ物やサラダにしてもとてもおいしいです。

圃場のようす
【産地】長門市三隅
 現在は、主に長門市三隅で栽培しています。
 5月上旬から6月に直接畑に種をまき、7月上旬頃から収穫します。大きくなりすぎると硬くなってしまうので、長さ10cmくらいの実を目安に10月まで収穫します。